引越し 見積もり

引越しの見積もり

サイトへご訪問有難うございます。

 

3月〜4月は引越しのハイシーズンです。

 

 

昨年に引き続き、国土交通省から引越時期の分散に向けたお願いがでています。

 

 

 

まだ引越しが確定していないとか、急な引越しが決まったとかで引越し業者を探してあるならば、下記のサイトをお試しください。

 

引越し侍
引越し侍
引越し達人
引越し達人
引越し価格ガイド
引越し価格ガイド

 

タイミングが良く、引越しができる可能性もあります。


引越しの見積もりと目安

 

引越しの見積もり、費用の目安といえば、3月上旬、4人家族の友人が東京都から50キロ超100キロ以内の距離に引越したとき、24万円掛かったといってました。

 

トラック2台でドライバーを含め作業員が5名、午前中にトラックに積み込んで午後に新居へ搬入したそうです。

 

引越しの費用は10万円くらいを目安と考えていたみたいです。
大手2社に見積もりを依頼したらどちらも想定以上の金額が提示されて驚いたようです。

 

どちらの営業担当からも、3月はハイシーズンで料金は割増し、トラック1台では積みきれないかもしれないから2台とか引越し詳細の説明があったそうです。
どちらも大手引越し業者で安心できるので、見積もり金額の安い方に決めたようです。

 

後日、引越しに詳しい友人に聞いところ、トラック1台で引越しできれば20万円弱に抑えられると言ってました。

 

引越し費用は、移動距離や荷物の量や荷物の大きさなど複数の要素で差がでます。

 

引越しの見積もり、費用の目安を知るのも、比較サイトを利用するのが便利で確実です。

 


引っ越しでそばを食べますか

 

引っ越しそばは、江戸時代中期ごろに主に江戸でされてた慣習ということです。

 

引っ越しするとそばを食べる、向こう三軒両隣にそばを配るというものです。
江戸っ子は言葉遊びで洒落てたから、そばと近所を掛けておそばに末永くお付き合いをよろしくお願いしますという表現だったようです。

 

当時そばは、縁起の良い食べ物とされていたようです。

 

しかし今ではそばを食べるのは面倒くさいとか、近所付き合いは面倒くさいとかでしなくなりつつあります。

 

そばアレルギーの人もいらっしゃるので、手土産にするのは注意した方が良いですね。

 

 

先日、大学生の引っ越しを手伝ったときのことですが、荷物の搬入が終わり、大学生は隣近所にあいさつへ行くと思っていたらそうしない。

 

あいさつに行くのを躊躇していたので、近くにあったもち吉の店舗で、えん餅という縁起の良い名の饅頭が6個入った菓子箱を5箱買い、大学生に渡してあいさつに行かせました。

 

3軒在宅で、挨拶すると感じの良い対応で、住人がどんな人物か判り安心した様子で戻ってきました。

 

残る2件もあいさつできて、これからの生活を楽しく過ごせるようにするためにもあいさつは大切だと理解したようです。

引越し侍予約サービス


引越し 見積もり サカイ

引越しのサカイはお得やさかい、小金貯まって家も建つ〜

 

勉強しまっせ引越しのサカイ〜

 

CMは、今でも頭に浮かぶ程、強烈な印象を残してくれました。

 

 

そのせいか、引越し見積り料金は安いというイメージがあります。

 

確かに、営業マンはライバル会社の存在が分かると、仕事をとるためにとても安い引越し見積もり金額を提示したという話も聞きます。

 

しかし、単独で見積もりを依頼され、交渉力のないひとが相手だと営業マンが判断するとそれなりの引越し見積もり金額にもなるようです。

 

引越しの見積もりは数社に依頼して比較するのが良いと思います。

 

 

引越し業者を一軒一軒探して尋ねていたら大変なので、こちらのサイトへどうぞ

 

「引越し達人セレクト」見積もり

 

一回の申し込みで数社から見積もりを無料でとることができます。

引っ越し 見積もり 安い

引越しの見積もりを比較して、安い業者に依頼しようと考えるならインターネットの無料一括見積もりがおススメです。

 

引越し価格ガイド2

 

インターネットでの申込みは簡単です。

 

一回の申し込みで数社から見積もりの連絡が入るので、引越し業者を探す手間が省けます。

 

引越し見積もりの申し込みで、1軒1軒同じ内容の話を繰り返す無駄な時間と労力もかかりません。

 

 

インターネットで引越し見積もりを申し込むとその途端に引越し業者から電話がかかってきます。

 

対応が早いです。

 

暇だからと深夜に申し込むと、深夜にもかかわらず電話がかかることもあります。

 

深夜に電話かけてくるなんて非常識と思われるかも知れませんね。

 

でも、引越し業者からすれば、申し込んで頂いたのでお待たせしないように早速お電話を差し上げるという仕事熱心、サービス精神からの対応のようです。

引越しの見積もり 単身

 

我が子も大学卒業が決まり、県外の賃貸アパートの契約を終了して我が家へ引越しとなりました。

 

今年2018年3月は運送業界の人不足が要因で引越しの需要に対して応えられない、引越し時期の分散を要請しているというニュースを目にしていました。
2018年は引越し難民が大量に出る恐れがあるという情報もありました。

 

物流網が危機的状況に陥る中で、今春の異動期は希望のタイミングで引越しできない多数の「難民」が発生する恐れが強まっている。
引越し会社は企業に3〜4月の繁忙期から転勤時期をずらすよう要請を始めた。

 

そんな中、我が子は卒業の確定が遅くなってしまい、引越しの手配が遅れてしまいました。

 

卒業が確定してから引越し業者に依頼をしたので、希望の日に引越しできなくなりました。

 

賃貸アパートは契約終了の日までに退去しなければなりません。

 

 

あちらこちら相談していると、大学生協と提携したクロネコヤマトの単身引越サービスを紹介してもらいました。

 

運の良いことに、ミニタイプに空きがあり、何とか期日までに引越しできるようになりました。

 

単身引越サービスミニタイプは104×104×150pのBOXに入るだけ荷物を入れて運んでくれるサービスです。
ツードアの冷蔵庫、4sの洗濯機、19インチのテレビ、スーツケース、衣装ケース3個、ダンボール10個は入ります。

 

それでもBOXに積めそうもない自転車や家具や電化製品は、後輩に譲ったり廃棄処分して荷物を減らさなければなりませんでした。

 

バタバタしましたが、結果3万円弱の料金で引越しを済ませることができました。

 

どの業界も人材が足りなくて、集中するとすぐにパンクしてしまいます。

 

引越しの予定があれば早めに見積もりを取って引越し業者を決めて打ち合わせておかないといけませんね。。

 

 

不案内な県外で引越し業者を探し、一軒一軒引っ越しに掛かる費用の見積もりをもらうなんていうのはとてつもなく難しいです。

 

引越し業者がよく分からないということであれば、引越しの比較サイトがおススメです。
サイトに登録してある引越し業者から最適なところを選ぶことができます。

 

引越し費用の見積もりは無料です。

 

見積りの出張費も無料です。

 

こちらのサイトからは、引越し業者それぞれ見積もりを比較して、引越しの予約もできます。

 

何社もの引越し業者と交渉するのが面倒くさいと思われる方は便利です。